受講したスクールのグリッターの粒子が粗くて、グラデーションがキレイに繋がりません。

名古屋「伏見駅」から徒歩1分
ボディジュエリースクールFRANGIPANI

◼︎初めての方へ(目次)
◼︎ボディジュエリーコラム
◼︎レッスンメニュー・料金
◼︎お客様の声
◼︎よくあるご質問

ボディジュエリー・3DボディジュエルスクールFRANGIPANIです。
ご覧いただきありがとうございます。

 
受講したスクールのグリッターの粒子が粗くて、グラデーションがキレイに繋がりません。

「以前受講したスクールのグリッターの粒子にムラがある、粒子が粗いグリッターがグラデーションに不向きで使いづらい」というご相談をいただきました。

ボディジュエリーのグラデーションには道具(グリッターやグルー)がとても重要です。
粒子が粗いグリッターの場合、繊細なグラデーションを作るのは難しいです。

ですが、せっかくお持ちなので、細かいグラデーション以外で粒子の粗いグリッターの活用方法をご紹介します。

ラメが大きくても、使い方によってはアクセントとして素敵なアートに仕上げることができます。

①つたのアートのグラデーションに使用する。
②お子さま用のステンシルアートに使用する。
③単色アートに使用する。
④ポップなアートの転写戦に使用する。
⑤文字やイニシャルアートに使用する。

上のような方法でアートをすると、メリハリや立体感が出て、可愛いアートが完成します。

グラデーションに使いづらい・・・と感じる場合は、このような方法でグリッターを消費しましょう^^(笑)


_MG_0620 


当スクールでは、他のスクールや通信講座で技術が身につかなかった方や、もっと技術力をアップしたい方のためのコースをご用意しております。

今お持ちの道具の活用方法や正しい使い方もご説明させていただきますので、ご不明な点はお気軽にご相談くださいませ。

>>道具をお持ちの方はこちら
>>道具も新しく揃えて学び直したい場合はこちら
>>ご相談はこちら



 

450_113

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

初めての方へ

受講生様の声

スクール

アクセス

耳つぼジュエリーサイトはこちら

お願い

※当スクールの画像・サイト記載内容の模倣・引用・転用は著作権の侵害になります。
※目に余る場合は法的処置を取らせていただく場合がございます。

このページの先頭へ