【コラム3】ボディジュエリーの資格を取得するのに必要な費用

名古屋「伏見駅」から徒歩1分
ボディジュエリースクールFRANGIPANI

◼︎初めての方へ(目次)
◼︎ボディジュエリーコラム
◼︎レッスンメニュー・料金
◼︎お客様の声
◼︎よくあるご質問


ボディジュエリー・3DボディジュエルスクールFRANGIPANIです。
ご覧いただきありがとうございます。


【コラム3】ボディジュエリーの資格を取得するのに必要な費用


ボディジュエリー講座の相場について

ボディジュエリーの資格講座の代金は規定がないため、スクールや協会によって、また、カリキュラムによってまちまちです。

実際の講座代金は、10万円から20万円以上するところもあります。

資格を習得するときは、価格よりも、しっかりと技術が身に付き、資格が活用できる講座内容か?が重要になります。

いくら価格が安くても、しっかりとした技術が身につかなかったり、お仕事に使える道具がそろっていなかったりでは、ディプロマがもらえても意味がないからです。

2016.06.02-181

当スクールの講座代金は、¥10,8000〜(¥70,200のプロキット付き)になります。

価格だけではなく、講座内容やサポート、受講された方の口コミなどを参考にしながら、カリキュラムを理解した上で、受講する講座を選んでいただけたらと思います。


入会金・年会費について

当スクールでは、入会金・年会費など、毎年9月の更新時までは一切料金はかかりません。
(ディプロマの発行も講座代金に含まれております。)

9月の更新の際に、協会に所属する場合のみ、年会費¥6,000が必要になります。

下記の表を参考にしていただけたらと思います。

当スクール
(プロコース)
某スクール1 某スクール2
価格  現在¥108,000  ¥158,000 ¥ 97,700
時間  6時間  4時間半 3時間
グリッター 48本 48本 48本
学べる技術 ステンシル
グラデーション
ペーパーアート
転写
ブライダルアート
ステンシル
グラデーション
転写
グラデーション
転写
ディプロマ あり あり あり
会費 初年度無料

翌年度更新する場合のみ、
年会費:¥6,000
(入会金無料)
入会金:¥3,000
年会費:12,000
入会金:¥10,000
年会費:¥15,500
受講後の
サポート
ステッカー配布
協会バナーの使用
協会HPに掲載
メール相談
個人レッスン
グループレッスン
協会主催講習
情報配信
開業マニュアル
コンテストへの参加割引
各種セミナーへの参加割引
検定受講料割引
情報発信
施設賠償保険自動加入
プロモーションツール配布
協会誌の発行
勉強会
セミナー
パーティー
ボディジュエリー商品の割引


ボディジュエリーをお仕事にするのに必要な費用はどのくらい?

プロコースを受講した場合、お仕事に必要な道具はすべてセットになっております。
(プロコース・認定講師コースは¥70,200のプロキット付き)

0002

追加で必要な場合は、下記のものを購入するかたちになります。

・ステンシル
・ラインストーン
・デザイン集

当スクールの場合はすぐにお仕事としてスタートできるキット付きなので、講座代金+必要な備品のみで、開業することが可能です。

・ボディジュエリープロコース(1日間)
・ボディジュエリープロコース(3日間)
・ボディジュエリー認定講師コース


商材の購入について

現在、当スクールで取り扱っているボディジュエリーキットは
お仕事として最も使いやすい商材をご紹介させていただいております。

0001

プロキットの中でグリッターやグルーがなくなった場合は、インターネットで注文することができます。

✳︎どこで購入するのが一番安くて使いやすいか?などもテキストに記載しております。

また、プロキットは約300〜400回分のアートが可能なので
ご家族やお友達にやってあげたりなど、たくさん練習することができます。


<ボディジュエリーレッスン>
▶︎エレガントコース
▶︎プロコース(1日間)
▶︎プロコース(3日間)
▶︎認定講師コース
 
<3Dボディジュエルレッスン>
▶︎プロコース
▶︎プロ&スキルアップコース
▶︎認定講師コース
 
<FRANGIPANI>
名古屋市中区栄2丁目1-12
090-6618-2417
bodyjewelry.frangipani@gmail.com

公式ホームページ
Facebookページ
インスタグタム

 

450_113

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

初めての方へ

受講生様の声

スクール

アクセス

耳つぼジュエリーサイトはこちら

お願い

※当スクールの画像・サイト記載内容の模倣・引用・転用は著作権の侵害になります。
※目に余る場合は法的処置を取らせていただく場合がございます。

このページの先頭へ